うるるNo.14 「太陽の末裔」見終わりました(≧∇≦) !各シーン毎に 感情をくすぐる表現が盛り込んであってドキドキはもちろん❤️ワクワク🎵もあって女性だけでなく男性も楽しい作品だと思います

とうとう見終わってしまいましたー٩(ˊᗜˋ*)و💧満足感と喪失感みたいなー💦ん“ー,,,とにかく、終わっちゃいました!

いつもは2度3度と見返しますが、今回はその前に感想をちょっと(^^)!

あー(≧∇≦)!そう言えば、初めから面白かったんです(o´艸`)!始まりは、緊迫した戦線区域?と言うのか,,,そんなシーンだったのですが、暗闇で繰り広げられる肉弾戦からのナイフを使ったギリギリの戦いだったのですが、

思わず手に力が入り、わっと声が出たり、1人で忙しく観戦してました💧꒰๑ ᷄ω ᷅꒱意外とすごかったです❤️正直言って戦闘シーンはあんまり期待していなかったので良い意味で期待ハズレの結果になりました( ^ω^ )v

かと言って戦闘ばかりと言うわけでもなく、ちゃんと恋愛,,,より進んだ愛のほうがあってるかなd( ̄  ̄)。

それぞれの登場人物の恋愛模様が描かれていますが、どれもイイ🎵(o^^o)。例えばモヨンとシジンの場合。韓ドラではベタですが、 顔がすっごく近ー(*≧∀≦*) っい‼︎

て事が多々ありまして❤️生理的に受け付けない相手じゃない限りは、ドキッ✨とすると可能性”大”〜ドキドキ💓になる危険があると思います(๑>◡<๑)!

こんな近距離でこんな風に見つめられてる疑似体験に微妙な緊張と動悸を感じつつ💦2.3度程巻き戻って味わってる私に隣でスヤスヤ寝ている娘からのキック💧

寝苦しく動き回る寝相の悪い娘から、度々現実世界へ強制送還される私(*´ω`*)💧

そして再びドラマの世界へ!

まるでソンソン夫妻の馴れ初めダイジェストでも見ているかのような安定感あるストーリーです。

モヨンの仕事は医師であり人の命を救うために働いています。対して( ちょっと表現が違うかも知れませんが ) シジンは軍人で国と国民を守る為に任務を遂行しています。

人を救う為と言いながら、時には人を殺す事もあると言うシジン。彼の軍人としての考えと交わるものがないと判断したモヨンは別れを決断します。

この部分だけでもぐっと引き寄せられる内容でした。納得してもらえる答えなんて無いのが現実で、機密情報で説明できない事もあるシジン。お互い譲れない物を抱えている中でモヨンが出した答えが“別れ”だったのです。

ただ 恋愛だけではなく、今更ですが医者と軍人2つの視点から“生かす”事の意味を考えさせられる内容でした。

この2人一気に近ずき…❤️…かと思えば…💔スパッ!と別れを告げる(゚д゚lll)心に引っかかる感情はあるものの、ズルズル悩まない!韓国の女性は何だかハッキリした性分な感じが伝わってきます(・o・)!

意思表示がハッキリしていて 芯があるのに柔軟な心も持ち合わせている所は凄く憧れます(*’∀’人)。

仕事が出来て気が強いのに、誤ちも認めることが出来る。そんな大人になりたかったなぁ…꒰๑ ᷄ω ᷅꒱💧

一度は離れた2人ですが、モヨンにとっては最悪な出来事で運命の再会を果たすことになります。

モヨンは、彼女対して“好意”を持つ上司のセクハラ的な誘いを突っぱねてしまい、その報復として、モヨンは彼女の医療チームごと海外の医療開発地へと移動させられてしまったのでした。

その移動の中継地点の空港で迎えに来ていた部隊の中にシジンの姿を見つけます。ここのこのシーンがあの西部警察の大門並みのサングラス姿のシジンとモヨンがすれ違う再開の場面なのですd( ̄  ̄)!

何も無かったかのように モヨンの前を通り過ぎるシジン。ここで再会します。

そしてこの地で2人はいくつもの試練を乗り越え心を通わせて行く事になるのです(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️

時には車の運転を誤り、崖っぷちで携帯に向かって遺言と、シジンに愛を叫びながら、助けに来てくれたシジンと共に車ごと決死のダイブ💦‼︎

挙げ句の果てにはスピーカーを通してその携帯に保存した”愛の告白”を医療チームと軍のみーんなに聞かれてしまうメガトン級に恥ずかしい思いまでしてしまいます。

スピーカーを通して流れ出す告白音声を慌てて(|||O⌓O;)💦!! 止めに向かうと そこには シジンのし姿がΣ>―(灬⁺д⁺灬)♡―――>!!更に慌てて逃げ出すモヨンをシジンが逃がす訳もなく あえなく確保されてしまいますが、往生際の悪いモヨン まんまと逃げ出すのでした(o´艸`)💧

前後しますが、又 時には突然訪れた地震により生き埋めになった人、亡くなった人、残された人…生死を目前にどっちを生かすのか⁉︎

選択を迫るシジンと追い詰められるモヨン…モヨンが出した答えは⁇

モヨンに究極の選択を強いるシジンですが、彼女の選択を全力で支えその命を救い出し、そしてモヨンの手によって命を繋ぐのでした。

お互いが置かれる環境、それぞれ求められる決断の瞬間を共有する事によりモヨンはシジンへの理解を深めていきます。そして自分の中に確かな感情を見出します。

ヒッチハイクで乗ったトラックの荷台で2人…夕日に照らされ静かに話しています。

帰国志願者の帰国日が迫る中、モヨンが帰国してしまうのでは?と気になって仕方がないシジンの問いかけに

“ 帰りません ” と答え                                     “ 一緒に居たいから ”  と伝えます(๑˃̵ᴗ˂̵)❤️

そしてシジンは 勢いよくモヨンを抱き寄せ  … (*´꒳`*) 。ほんのちょっとだけど、貴重な遠回りをした2人は、ようやくスタート地点に辿り着いたのでした(o^^o)v

ここまでが大体ドラマの中間辺りでしょうか…ε-(´∀` ) 。和やかなシーンが見られますが、徐々に次なる流れが発生してきますd( ̄  ̄)  ‼︎

まだまだ書ききれない見どころ満載で 伏せておきたい内容もあるのでしシジンとモヨンのストーリーはこの辺まで (^_-) 🎵

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください